ワキの黒ずみを作る原因

ワキは夏になると露出する服が増えてきますが、キレイなワキというのはなかなか探しても見つからないものです。それなりに自信がある人が露出しているはずですが、モデルさんなどでなければそこまでのキレイにケアしている人は少ないのです。だからと言って安心せず、しっかりケアすることで周囲の見る目は確実に変わるでしょう。

ワキが黒ずむ原因にはいろいろとありますが、何より肌へのダメージによって色素が沈着することが最大の要因です。特にワキは皮膚が薄いので注意して予防対策を行いましょう。

刺激のひとつとして、衣服が擦れがあります。最近は体にぴったりとフィットする服が多いですが、摩擦が大きくなりますから、その分しっかりケアをしたり、必要ないときはなるべく着用せずに刺激を楽にしてあげるなどの工夫が必要です。

また、汗をかいて蒸れた状態の衣服をそのままにしていると、ワキの皮脂汚れによって黒ずみを招くことがあります。特に夏や運動後には、こまめに拭いたり着替えたりすることを、心がけて、ワキの下を清潔に保つように注意しましょう。

そして、ワキの汗やニオイをケアするために制汗剤を使うことも多いと思いますが、これは汗腺を塞ぐことによって汗を抑えている商品もあります。こうしたものはワキの黒ずみの原因となりますから、注意が必要で、刺激の強いものは避けて、自然な汗の処理をしっかり行い、必要なときだけ制汗剤は利用するようにするなど、注意して使いましょう。

ムダ毛の処理を行う人も多いですが、カミソリを何度も皮膚に当てることによって肌へのダメージは大きくなっています。ですから、処理を行った後にはしっかりとケアしてあげて、ダメージを少しでも和らげるようにすることが大切です。