葉酸とは

日々、栄養バランスの取れた食事を三食、規則正しく摂るというのは健康的な食生活の基本です。栄養の中でも積極的に摂りたい栄養に葉酸がありますが、この葉酸とは一体どのようなものなのでしょうか。

葉酸の発見~命名

葉酸とは、1941年にほうれん草の抽出物から発見された成分のことをいいます。

Folic acidという名前が付けられましたが、Folicにはラテン語で葉という意味があり、acidには英語で酸の意味があります。

これらの言葉の意味を組み合わせて葉酸と日本で呼ばれるようになっているのです。

葉酸の成分としての特徴

葉酸は水溶性のビタミンB群の一種に分類されています。

また、葉酸の仕事としては、タンパク質や核酸(DNA・RNA)の合成に作用し、細胞の生成や再生をサポートし、体の発育促進に貢献します。

それから、赤血球が作り出されることをサポートする仕事も葉酸はしています。このことから、造血ビタミンと称されることもあるのです。

以上のことから、とりわけ細胞や血液を作ることが葉酸の主な役割ということができるでしょう。

葉酸不足や過剰摂取のリスク

十分な量の葉酸を日頃から摂取していないと、動脈硬化の発生リスクが増大する他、巨赤芽球性貧血、腸機能障害、神経障害などが引き起こされる可能性があると指摘されています。

また、受胎前後~妊娠初期の期間に葉酸が不足すると、胎児の先天性疾患である神経管閉鎖障害が起こるリスクが増大します。

逆に過剰摂取した場合、かゆみ、じんましん、紅斑、発熱、呼吸障害などの症状が起こる可能性があります。

なお、これは葉酸過敏症といいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です