卵を食べると本当にコレステロールは上がるのか

「卵を食べ過ぎるとコレステロール値が高くなる」ということを聞いたことのある方は多いと思います。昔から言われているこの言葉ですが、本当に卵はコレステロール値を上げてしまうのでしょうか。

卵とコレステロール

そもそも、コレステロールは悪いイメージを持たれがちですが、一定量以内であれば問題はありません。コレステロールは脂質の一種で、人間の細胞の細胞膜を作ったり、脂肪の消化に欠かせない胆汁酸の原料になるもので、生きていく上で必要な成分なのです。

卵から摂取できるコレステロールは身体に悪影響を及ぼす量ではありません。卵を食べ過ぎたからといって、必ずしもコレステロールは増加するわけではないのです。寧ろ、卵は重要な栄養素の一つなので、積極的に食べるべき食材です。

「卵を食べるとコレステロールが上がる」という説は何故出たのか

この説は約100年前にロシアで行われた実験が元となり、俗説となりました。ロシアで行われた実験というものはウサギを使った実験で、被検体のウサギに卵を食べさせたところ、血中コレステロールが増加し、動脈硬化が起こったのです。

しかし、ウサギは元々草食動物です。植物にはコレステロールは含まれていないので、コレステロールを食べない身体に卵を摂取させた場合、コレステロール値が上がるのは当たり前のことです。この実験結果が誤解を招き、卵とコレステロールについての俗説が生まれてしまったのです。

卵は有害な食べ物ではない

卵を摂取してもコレステロールは上がりません。寧ろ、卵を食べることで身体に良い影響が出ます。卵には視力や脳の機能を保ち、改善する作用があると言われています。また、ガンの予防に効果があるビタミンEやカロチンが含まれています。

アンチエイジングにも効果的で、卵に含まれるレシチンや鉄、亜鉛、ミネラルが若返りをサポートしてくれます。

LDLコレステロール下げるには?ベストな方法はどれ?

images (1)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です