葉酸とは

日々、栄養バランスの取れた食事を三食、規則正しく摂るというのは健康的な食生活の基本です。栄養の中でも積極的に摂りたい栄養に葉酸がありますが、この葉酸とは一体どのようなものなのでしょうか。

葉酸の発見~命名

葉酸とは、1941年にほうれん草の抽出物から発見された成分のことをいいます。

Folic acidという名前が付けられましたが、Folicにはラテン語で葉という意味があり、acidには英語で酸の意味があります。

これらの言葉の意味を組み合わせて葉酸と日本で呼ばれるようになっているのです。

葉酸の成分としての特徴

葉酸は水溶性のビタミンB群の一種に分類されています。

また、葉酸の仕事としては、タンパク質や核酸(DNA・RNA)の合成に作用し、細胞の生成や再生をサポートし、体の発育促進に貢献します。

それから、赤血球が作り出されることをサポートする仕事も葉酸はしています。このことから、造血ビタミンと称されることもあるのです。

以上のことから、とりわけ細胞や血液を作ることが葉酸の主な役割ということができるでしょう。

葉酸不足や過剰摂取のリスク

十分な量の葉酸を日頃から摂取していないと、動脈硬化の発生リスクが増大する他、巨赤芽球性貧血、腸機能障害、神経障害などが引き起こされる可能性があると指摘されています。

また、受胎前後~妊娠初期の期間に葉酸が不足すると、胎児の先天性疾患である神経管閉鎖障害が起こるリスクが増大します。

逆に過剰摂取した場合、かゆみ、じんましん、紅斑、発熱、呼吸障害などの症状が起こる可能性があります。

なお、これは葉酸過敏症といいます。

洗顔バーム

洗顔バームとは、植物由来のオイルを固形化した洗顔料のことをいいます。

クレンジングと洗顔の両方の機能を果たすため、ダブル洗顔を行う必要はありません。ウォータープルーフのマスカラ、アイライン、口紅など簡単に落とすことができます。

優しくマッサージをするようにオイルを馴染ませますが、これにより血行促進効果を同時に期待することもできるのです。

また、美容成分が豊富に含まれていることから、洗い上がりには潤いを感じられるとされています。その他、香りが良いということでも好評を博しており、ダマスクローズの香りが癒しの作用をもたらしてくれます。

パラベン、鉱物油、タール系色素、合成香料不使用となっているため、安全性にも優れている洗顔料といえるでしょう。

敏感肌・乾燥肌の人の使用にもピッタリ

洗浄力が強いクレンジング剤や洗顔料というのは、同時に肌への刺激が増大するという特徴もあります。したがって、肌が弱い人だときれいにするどころか、肌トラブルを招くリスクがあるのです。

その点、洗顔バームは敏感肌や乾燥肌の人にもやさしい商品のため、安心してお使いいただけます。ユズセラミド、ザクロ果実エキス、イチゴポリフェノールなどの美容成分が豊富に配合されており、メイクや汚れを取り除きながらお肌に潤いを与えます。

また、ダブル洗顔の必要がないため、肌に余計な負担をかけることがありません。これらの理由から、敏感肌や乾燥肌が使用するのにも適した商品として人気を集めているのです。

体験しやすいサービス

洗顔バームは90g、朝晩約1ヶ月分、晩のみ約2ヶ月分の商品が、2、571円プラス送料540円という価格で販売されています。

試しに使用してみるにはお手ごろな値段設定といえますが、さらにはじめて使う人が体験しやすいサービスを行っているのです。

初回限定、30日間全額返金保証付のため、万が一商品が合わなかったような場合には、お金が戻ってくるのです。

しかも全部使い終わった状態の返金にも応じてくれるため、これは他にはあまりない嬉しいサービスといえるでしょう。なお、洗顔バームを購入すると専用スプーンのスパチュラが付いてきます。

洗顔バームの口コミ
30代女性

朝はメイクのノリを良くするため、夜はメイクをきれいに落とすために使用しています。目的を果たせているので不満はありませんし、肌の調子が改善したなと思うことが多々ありますけど、特にくすみは以前より気にならなくなりました。

40代女性

クレンジングや洗顔は洗い上がりのツッパリが嫌でしたが、洗顔バームを使うようになり気にならなくなりました。使用後は潤いが感じられますし、肌がカサカサし、乾燥した状態にならないのがお気に入りです。

卵を食べると本当にコレステロールは上がるのか

「卵を食べ過ぎるとコレステロール値が高くなる」ということを聞いたことのある方は多いと思います。昔から言われているこの言葉ですが、本当に卵はコレステロール値を上げてしまうのでしょうか。

卵とコレステロール

そもそも、コレステロールは悪いイメージを持たれがちですが、一定量以内であれば問題はありません。コレステロールは脂質の一種で、人間の細胞の細胞膜を作ったり、脂肪の消化に欠かせない胆汁酸の原料になるもので、生きていく上で必要な成分なのです。

卵から摂取できるコレステロールは身体に悪影響を及ぼす量ではありません。卵を食べ過ぎたからといって、必ずしもコレステロールは増加するわけではないのです。寧ろ、卵は重要な栄養素の一つなので、積極的に食べるべき食材です。

「卵を食べるとコレステロールが上がる」という説は何故出たのか

この説は約100年前にロシアで行われた実験が元となり、俗説となりました。ロシアで行われた実験というものはウサギを使った実験で、被検体のウサギに卵を食べさせたところ、血中コレステロールが増加し、動脈硬化が起こったのです。

しかし、ウサギは元々草食動物です。植物にはコレステロールは含まれていないので、コレステロールを食べない身体に卵を摂取させた場合、コレステロール値が上がるのは当たり前のことです。この実験結果が誤解を招き、卵とコレステロールについての俗説が生まれてしまったのです。

卵は有害な食べ物ではない

卵を摂取してもコレステロールは上がりません。寧ろ、卵を食べることで身体に良い影響が出ます。卵には視力や脳の機能を保ち、改善する作用があると言われています。また、ガンの予防に効果があるビタミンEやカロチンが含まれています。

アンチエイジングにも効果的で、卵に含まれるレシチンや鉄、亜鉛、ミネラルが若返りをサポートしてくれます。

LDLコレステロール下げるには?ベストな方法はどれ?

images (1)