睡眠不足だと身長が伸びないの?

成長期の子供にとって最も重要な成長ホルモンは深い睡眠の中で多く分泌されるため、たびたび耳にする「寝る子は育つ」理論は科学的にも間違いではないんです

身長を伸ばすにあたり成長ホルモンというのは必要不可欠。なにしろ成長作用とタンパク質合成の促進作用をもち、体の成長・修復・疲労回復の要なのですから成長ホルモンは寝付いて2時間ほどの眠りが深くなったところで大量分泌されますが不規則な生活習慣、質の悪い睡眠だと難しくなってきます。
正常な成長ホルモンの確保には深い、良質な睡眠をとる必要があります

また夜間に活発になるメラトニンというホルモン。1日の体のリズムを整えてくれ睡眠にも深く関わり、成長期の子供の性成熟を抑制する作用をもちます
一般に思春期が早い子供とくらべ遅い子が最終的な身長が高い傾向にあり身長を伸ばすには、思春期を遅めるメラトニンが分泌される、つまり規則正しい生活リズムで過ごす事が大事なのです

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です