睡眠不足だと身長が伸びないの?

成長期の子供にとって最も重要な成長ホルモンは深い睡眠の中で多く分泌されるため、たびたび耳にする「寝る子は育つ」理論は科学的にも間違いではないんです

身長を伸ばすにあたり成長ホルモンというのは必要不可欠。なにしろ成長作用とタンパク質合成の促進作用をもち、体の成長・修復・疲労回復の要なのですから成長ホルモンは寝付いて2時間ほどの眠りが深くなったところで大量分泌されますが不規則な生活習慣、質の悪い睡眠だと難しくなってきます。
正常な成長ホルモンの確保には深い、良質な睡眠をとる必要があります

また夜間に活発になるメラトニンというホルモン。1日の体のリズムを整えてくれ睡眠にも深く関わり、成長期の子供の性成熟を抑制する作用をもちます
一般に思春期が早い子供とくらべ遅い子が最終的な身長が高い傾向にあり身長を伸ばすには、思春期を遅めるメラトニンが分泌される、つまり規則正しい生活リズムで過ごす事が大事なのです

 

ダイエットの食材選びと調理ポイント

ダイエット中は空腹を我慢しなければなりません。多少カロリーを気にする必要はありますが、我慢してばかりではかえって苦痛を伴います。

そして、とうとうダイエットを途中で断念せざるを得なくなってしまいます。そのような事態を避けるためにも、しっかり食べながらダイエットを行いたいものですね。

普段の食材の選び方や調理を少しアレンジするだけでも、かなりの効果が期待できます。こちらでは、肉の選び方や調理方法について考えていきたいと思います。

脂身が多いロースやバラ肉については、ダイエット中の食材としてはあまりオススメできません。

お肉が大好きな人からすれば、美味しい脂身を食べられないのは非常に残念でたまらないでしょうが、なるべく比較的カロリーの低い赤身を選ぶようにしましょう。

また、鶏肉はカロリーが低い食材として有名ですが、皮の部分は脂身が多いのです。ダイエット中であれば、鶏の皮部分や脂肪部分を取り除いてから調理するようにしましょう。

調理中もなるべく油は使わないようにしましょう。肉から出る脂のみでも美味しく調理することができます。

さらに油脂分をカットするために、蒸したり、茹でたりするとよいでしょう。ダイエット中もしっかり食べたいんなら、いつもの食事に少し工夫を凝らしましょう。

「最初から完璧にやろう」とは考えてはなりません。自分のペースでダイエットに臨むことが大切です。